デリケートゾーン 黒ずみ 重曹

MENU

デリケートゾーンの黒ずみには重曹がいい?それとも専用クリームがいい?

 

皆さん、デリケートゾーンの黒ずみ対策ってどんなことやってますか?

 

デリケートゾーンの黒ずみって、場所が場所だけに周りに相談しにくいし、黒ずみ対策用のクリームなんて、結構いいお値段するし、どうしたらいいか分からないですよね。

 

さて、今回はそんな女性なら誰でも1度は悩んだことがあるであろう、デリケートゾーンの黒ずみ解消についてのお話です。

 

実は重曹で綺麗にする方法もあるそうなんですが、黒ずみ対策用クリームなんかも売られてますよね。一体どっちがいいのでしょうか?

 

そもそも重曹って何?一体どんな働きをしてくれるの?

重曹って聞いたことあるけど、一体何なんでしょうか?

 

よく掃除のときに汚れがよく落ちると言って使われていたり、はたまたケーキやおまんじゅうなんかにも使われていたりしますよね。

 

掃除用品なの?それとも食べ物なの?では早速気になる重曹について、見ていきましょう。

 

重層とは、炭酸ナトリウムの事だった!

まずは、重曹についてです。よくスーパーの掃除用品の棚に並んでいる重曹。

 

これは、化学名では炭酸水素ナトリウムというものなんです。なんとなく学生時代が懐かしい名称ですよね。

 

実はこの成分、私たちの体にもちょっとだけ入っているのが特徴で、主に唾液に含まれています。

 

私達の体に、一体どんな変化を与えてくれるの?

では実際に、私たちの生活の中で、重曹はどんな役割を果たしてくれているのでしょうか。重曹の効果や効能はたくさんあります。

 

1番有名なのはやはり、研磨効果ですね。つまり、汚れを落としてくれる力です。油汚れなんかを中和させて、落ちやすくする力を持っています。

 

さらに発泡作用もあるので、汚れを簡単に浮き上がらせてくれる力もあります。この発砲効果はお菓子の膨らまし粉としても使われています。

 

この他にも、消臭吸湿作用も高いので、靴箱などの湿気取りや、お部屋の臭い消しにも使われているんですよ。

 

まさに万能な成分ですよね。

 

実際に使ってみたい!重層の使い方とは?

では、実際に重曹はデリケートゾーンの黒ずみを解消する効果はあるのでしょうか。結論から言うと、もちろんイエス。

 

重曹には上記で触れたように研磨効果がありますので、デリケートゾーンを優しく磨くことで、古い角質が除去されて、肌のターンオーバーが正常に保たれるんです。

 

また、肌深部に潜んでいるメラニンも古い角質と一緒に出て行ってくれるので、まさに一石二鳥。

 

使い方としては、普段お使いのボディーソープに重曹を少量混ぜて、デリケートゾーンを優しく洗ってあげるだけです。簡単ですよね。

 

重層で本当に黒ずみは綺麗になるのか?専用クリームとどちらがいいの?

 

ここまで書いてくると、重曹が万能で、黒ずみには重曹しかない!みたいな印象をもたれるかと思いますが、黒ずみにはそれ専用のクリームが売られているのをご存知でしょうか?

 

こうなってくるとどちらがいいのか迷いますよね。やっぱり専用とだけあって、専用クリームの方がいいのか、はたまた万能な重曹の方が効果があるのか…

 

ちょっと覗いてみましょう。

 

重層の方が手に入りやすいし安いけど、肌への刺激が心配…

一見重曹はデリケートゾーンの黒ずみケアに、かなり期待できそうな感じがしますが、実はそこまで効果は高くないんです。

 

それはなぜかと言うと、重曹にはあくまでお肌のターンオーバーの正常化を助ける効果しかないから。

 

つまり、お肌を綺麗にする美白成分などは含まれておりませんので、納得のいくお肌になるためにはかなりの時間を要するのが難点。

 

さらに、お肌に弱い人にとっては、重曹の粒子がお肌を傷つけてしまったり、逆に黒ずみを悪化させてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

 

専用クリームって一体どんなものがあるの?

今度は黒ずみ専用クリームを見ていきましょう。

 

まず、デリケートゾーンの皮膚はその名の通りとても薄く、顔のように水分を保持する力が弱いのが特徴です。

 

ですので、デリケートゾーンには、デリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリームや、美容液などを使ってあげるといいでしょう。

 

顔と同じように顔用の美白化粧品を使ってもいいんじゃないかと思いがちですが、顔用の化粧品の多くにはアルコール等の肌に負担になるものが入っています。

 

逆に、お肌を清潔に保つ殺菌作用のある成分がはいっていないもの多いので、デリケートゾーンには専用のクリームを使うのが1番なんです。

 

黒ずみには重層よりも専用クリームがいい!黒ずみ徹底解消!

最近VIOの脱毛が流行ってきていますよね。

 

全身脱毛のコースにも組み込まれていたり、お値段も安かったりと、ちょっと恥ずかしい部分ではありますが、やっている人が多くなっているのが事実です。

 

それに伴い、デリケートゾーンの黒ずみを気にする人が多くなってきました。そのお悩みを解決すべく、デリケートゾーン専用のクリームがたくさん開発されているんです。

 

きちんとケアしたいという方にはお勧めですね。では、早速見ていきましょう。

 

デリケートゾーン専用クリームにはどんな成分が入っているのを選べばいいの?

デリケートゾーン専用クリームと一言で言っても、最近はその種類も増え、一体どれを選べばいいのか分からなくなってしまうはずです。

 

ここではとくに黒ずみに有効だとされる成分をご紹介していきます。

 

トラネキサム酸

よく顔に現れる肝斑の治療のために使われたり、効果が現れるとされる成分で、お肌に対する刺激が少ないもの特徴です。

 

デリケートゾーンに対しても刺激が少ないので、黒ずみ解消に役立ってくれます。

 

ビタミンC誘導体

トラネキサム酸と同じように、お肌への刺激が少なく、黒ずみ解消のために活躍してくれる成分です。

 

しかし、その反面お肌を乾燥させてしまう力も強いので、もしビタミンC誘導体の入ったクリームを使うのであれば、セラミドなどの入った保湿剤で、しっかり保湿をするようにしましょう。

 

βアルブチン

黒ずみにはかなりの効果を発揮してくれますが、上記の2つとは違い、ちょっと刺激があるのが難点。

 

お肌が弱い方は、少量から始めるようにしましょう。また、βの他にαアルブチンという成分もあるので、間違えないように注意しましょう。

 

デリケートな部分だからこそ!注意した方がいい成分は?また、使うときの注意点は?

上記にも書きましたが、デリケートゾーンは皮膚が薄くダメージを受けやすい部位です。成分としては、ハイドロキノンやトレチノイン酸には注意しましょう。

 

これらは美白する力が強く、デリケートゾーンの黒ずみ解消に効果はかなりありますが、その分お肌への刺激も強いのです。

 

ですので、デリケートゾーンに使用するのは控えた方が無難だと言えます。

 

また、使い方の注意点としては、クリームを粘膜部分には塗らないようにすることです。というのも、この粘膜部分には体の外から入ってくる雑菌から身を守る、常在菌がいるからです。

 

クリームを塗ることによりこの体内の正常な常在菌を刺激することに繋がり、肌がダメージを受けてしまうのです。

 

まとめ

気になるデリケートゾーンの黒ずみには、重曹よりも専用クリームの方がより効果的であることが、お分かりいただけたでしょうか。

 

専用クリームも開発が進み、今ではたくさんの種類が比較的安価で手に入ります。本気で黒ずみをなんとかしたいとお考えのあなた。

 

ぜひとも黒ずみ専用クリームを使って、綺麗なデリケートゾーンを手に入れましょう。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム

 

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームランキング