vライン 黒ずみ

MENU

Xラインの黒ずみには専用クリームを!黒ずみの原因とは?また、解消法や対策は?

Vライン黒ずみ

 

Vラインの黒ずみのことって、なかなか周りに相談しにくいですよね。

 

だからと言って、自分の力だけで黒ずみを綺麗にするにはどうしたらいか分からないし…なんて方多いのではないでしょうか?

 

これからどうしても、薄着になる季節がやってきます。それまでになんとかVラインの黒ずみをなんとかしておきたいですよね。

 

というわけで今回は、そんな気になるけど人に聞けない、Vラインの黒ずみの原因、そしてそれを解消するための専用クリームや、黒ずみにならないための対策をご紹介したいと思います。

 

どうして黒ずみができるの?気になるXラインの黒ずみの正体とは?

季節はもうすぐ夏。夏になるとどうしても薄着になったり、肌を露出する機会が増えますよね。

 

普段はなかなか出さないような部分を出さなきゃいけない…そんな時にVラインが黒ずんでいたら。周りの目も気になりますが、自分も嫌ですよね。

 

さて、そんな黒ずみ。特にVラインに悪い事はしてないと思うのに、いつの間にか黒ずんでいますよね。

 

一体何がいけないのでしょうか?一緒に見て行きましょう。

 

どうして黒ずんでしまうの?その黒ずみの原因はここにあった!

私達女性は、妊娠や出産、加齢によってどうしてもVラインが黒ずんでしまいます。

 

これは仕方のないことなのですが、上記以外の原因として、ムダ毛の処理や下着の摩擦など、自分の体の変化ではなく、外からの刺激によって黒ずんでしまう事がほとんどなんです。

 

私たちの体は、外部から刺激を受けると、その部分を守ろうとして防衛反応が働き、メラニン色素を過剰に分泌してしまうのです。

 

これが繰り返されることにより、どんどん色素沈着してしまい、結果黒ずみになってしまう、というわけなんです。

 

特にVラインは、まぶたよりも皮膚が薄いので、ダメージを受けやすいのです。

 

なかなか消えない黒ずみ。その正体とは?

上記にも書いたように、Vラインはとても皮膚が薄い部分。

 

そんな場所に、毎日下着の摩擦や刺激があったりすると…黒ずみになってしまいますよね。

 

特に、下着のゴムの部分が毎日あたるような腰回り、脚の付け根なんかは黒ずみになりやすい部分です。

 

下着のゴムで常時圧迫されたVラインの皮膚は、外からの過度な刺激を受けてると勘違いしてしまい、肌を守ろうとして、メラニンの生成を活発にしてしまいます。

 

大体の人は、無意識に肌を摩擦にさらし、下着で必要以上に締め付けてしまっています。

 

ですので、自然とメラニンの生成がさらに活発になり、肌のターンオーバーが狂い、徐々にVラインが黒ずんでしまうのです。

 

黒ずみはどのくらいで綺麗になるの?

たとえば今から正しい黒ずみ対策をしたとしても、効果を得られるまでに、症状の度合いにもより個人差はありますが、最低でも3か月から1年ほどかかると言われています。

 

黒ずみケアを挫折してしまう人が多いのは、そのためです。更に、完全に完治させるまでにはまだまだ時間がかかるのです。

 

擦り洗いは大間違い!Xラインの黒ずみの正しい解消法とは?

Vラインの皮膚は薄く、ダメージを受けやすいのはお分かりいただけましたね?

 

Vラインの刺激は、下着の摩擦だけではなく、特に入浴時にも刺激を感じてしまうんです。

 

黒ずみ解消には、専用クリームがいいと聞きますが、一体どのようなものを選んだらいいのでしょうか。黒ずみの解消法について、一緒に勉強していきましょう。

 

正しい黒ずみ解消は、専用クリームにあった!

実はVラインの皮膚は薄く、顔のように水分を保持する力が弱いのが特徴です。これだけでも、かなりのデリケートさんですよね。

 

Vラインの保湿には、黒ずみ専用のクリームを使用するのがいいってご存知でしたか?

 

黒ずみ専用のクリームには、肌の刺激になるアルコールや香料がはいっていないのが特徴です。

 

これらを正しく使うことにより、黒ずみを解消することができるのです。

 

専用クリームの選び方と、有効成分とは?

黒ずみにいいとされる成分は、厚生労働省から美白効果があると認可されている成分のこと、と指示されています。

 

中でもVラインにいいとされるのは、刺激の少ないトラネキサム酸や、ビタミンC誘導体です。

 

上記の成分には、美白効果も高く、肌への刺激が少ないという特徴を持つため、肌へのトラブルの心配することなく、使用することができます。

 

また、βアルブチンもお肌に刺激が少ないのでいいでしょう。逆に、ハイドロキノンやトレチノイン酸は、お肌への刺激が強いので注意が必要です。

 

黒ずみとサヨナラ。Xラインが黒ずまないための対策と、専用クリームの使い方

では、ここからは気になる黒ずみ対策です。出来る事ならこれ以上黒ずみを作りたくないし、綺麗にしていきたいですよね。

 

ここでは選ぶべき下着と、黒ずみ部分の洗い方について見て行きましょう。

 

どんな下着を身につければいいの?

狭い下着や、ナイロン製の下着は、可愛いですし流行りもあるのですが、肌に摩擦が起きやすいため、お勧めできません。

 

お勧めとしては、下記の3つのポイントを押さえた下着です。

 

コットンやシルク素材の下着

ポリエステル制の下着は、化学繊維なので肌への摩擦も大きいのが難点。

 

黒ずみになりにくい下着の素材は、綿100パーセントやコットン、シルク素材で透湿性があるものです。

 

特にコットンやシルクは摩擦が少なく、お肌に優しく刺激を与えません。

 

ゴムは締め付けないものをチョイス

ウエストやそけい部を締付けないゴムなしのものがベストです。

 

または、平たいゴムが使われているものや、レース状の締付けないゴムが使われているものを選ぶといいでしょう。

 

とは言え可愛い下着にそういうのがない!という場合には、サイドをひもで結ぶタイプを選ぶといいですね。

 

サイズは少し大きめに

生活していると、どうしても体を動かさなければいけません。

 

そうしたときに締め付けられない形状で、ぴったりサイズというよりもゆとりのあるサイズをチョイスするといいですね。

 

また、運動する際は、ボクサータイプのショーツもいいでしょう。

 

Xラインの洗い方と専用クリームの使い方を教えて!

まずは石鹸からいってみましょう。Vラインを洗う時には、弱酸性の石鹸を使用しましょう。弱酸性はお肌と同じ成分なので、お肌への負担を少なくすることができます。

 

洗う時も、泡立てネットを使い、キメ細かい泡を作るのがポイントです。

 

よく泡立てた石鹸の泡を、黒ずみの部分に優しく乗せるように塗り、泡パックをします。

 

ここで2分ほど放置する事によって、黒ずみの汚れが綺麗に落ちていきます。2分以上放置してしまうと、お肌に必要な成分も吸着してしまうので、注意しましょう。

 

次に専用クリームの使い方です。

 

@ Vラインを洗ったら、専用クリームを1円玉くらいの大きさの量を手にとります。

 

A 手のひらで、温めるようにクリームを広げるのがポイント。これをする事によって、肌により成分が浸透しやすくなります。そして、指の腹で優しく馴染ませます。

 

B 最後に、軽くティッシュなどでオフすれば完了です。

 

まとめ

1.Vラインの黒ずみの原因は、お肌を守ろうとするメラニン色素です。
完全に綺麗にするためには1年以上時間がかかるかもしれません。

 

2.vラインのお肌はとてもデリケートです。
下手に擦ったりして黒ずみを悪化させるのではなく、専用クリームを使用し、優しく綺麗にしていきましょう。

 

3.Vラインを洗う際は、弱酸性の石鹸を十分に泡立てて使います。
専用クリームは、Vライン洗浄後の綺麗な肌に優しくなじませるのがポイントです。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム

 

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームランキング