デリケートゾーン 黒ずみ ソンバーユ

MENU

デリケートゾーンの黒ずみにはソンバーユ?!綺麗になる方法とは?

ソンバーユ

昔から日本で愛されているソンバーユ。その特徴は、保湿効果に優れており、よく体になじみ、肌のハリや弾力を与える効果があると言う事。

 

昔は美肌のためだけではなく、家庭療法の一種として火傷の手当などに用いられてきた、薬のような役割もしていました。

 

さて、そんなすご腕のソンバーユは、デリケートゾーンの黒ずみにも力を発揮してくれるのでしょうか。

 

気になるソンバーユについて、一緒に見ていきましょう。

 

ソンバーユって一体何?その歴史と効果効能を徹底解明!

ソンバーユ?聞いたことあるような、ないような…

 

たくさんの薬やスキンケア商品、サプリメントなどにあふれた現代。なかなかソンバーユという商品も、耳にしなくなってきているのかもしれません。

 

そんなソンバーユが実は、私たちのお肌にすごくいい効果をもたらしてくれるとしたら…気になりませんか?

 

では、一緒にソンバーユの正体を探っていきましょう。

 

日本では奈良時代から使われていた!ソンバーユの深い歴史!

まずは読み方から。カタカナでもいいのですが、実は、馬油と書いてソンバーユと読みます。なんだか不思議ですよね。

 

ソンバーユの生まれは中国で、なんと5〜6世紀頃から使われているんだとか。こ、これは本当に古くから愛されているんですね。

 

とはいえ、今のようにスキンケアに使用していたのではなく、主に薬として使っていました。

 

そんなソンバーユが日本にやってきたのは奈良時代。日本に渡来した、唐の名僧である鑑真和尚の一行が、大宰府で馬の油の効用を伝承していったと、記されています。

 

大宰府では昔から、馬とのかかわりがとても深く、普段から馬の肉を食べて生活していました。そして、そんな馬らか得た油が火傷や怪我には一番と、噂されていたんだそうです。

 

ソンバーユって何から出来ているの?その原料って何?

 

このソンバーユ、中身は読んで字のごとく馬油のみを配合した皮膚保護用の化粧品です。

 

そう、馬の油しか使っていないんです。それが化粧品にあるなんて…びっくりですよね。

 

ソンバーユになれる馬は熊本県で育った、上級といわれる食用の馬ばかり。この国産の馬の腹部やタテガミといった、馬の全身から取れる脂肪を蒸して、よく洗います。

 

さらに、不純物を完全に除去して作られたものが馬油になれるのです。もちろんソンバーユは純国産。輸入馬やサラブレットの脂肪、劣化した馬脂などは一切使用されていません。

 

ちなみにソンバーユは、3種類の馬油原料が採取されているんです。

 

  • 比重が軽い上層の馬油は、液体タイプのソンバーユになります。
  • 中層の馬油は、加工して馬油石けんなどに使用されます。
  • 比重が重い下層の馬油は、標準タイプのソンバーユとなります。

 

ソンバーユにも種類があるんですね。

 

ソンバーユが私達のお肌にもたらす効果とは?

ソンバーユを使うと、なんと洗顔と保湿だけであ肌がきれいになると言う、シンプルなスキンケアが可能なんです。

 

上記で書いた、ソンバーユの石鹸や、液体タイプのソンバーユ、そして、通常のソンバーユで、みずみずしく美しい素肌になれるんです。

 

もちろん、赤ちゃんやデリケートなお肌にも、安心して使えるので、育児中のママさんたちにもお勧めです。

 

ソンバーユは、人の皮下脂肪に成分組成がとても似ているので、他のスキンケア商品よりも、お肌になじみやすく、ベタつき過ぎないのが嬉しいポイントです。

 

ソンバーユがデリケートゾーンの黒ずみに効くって本当?

さて、そんな深い歴史のあるソンバーユ。お肌を守ってくれる力のほかに、デリケートゾーンの黒ずみにも効果を発揮してくれるんです。

 

では、実際にどんな成分が黒ずみに効くのか、どうやって使えばいいのか、一緒に見ていきましょう。

 

ソンバーユに含まれる何の成分が黒ずみにいいの?

 

まず、ソンバーユに含まれる成分として、高度不飽和脂肪酸が挙げられます。これは必須脂肪酸の1つで、人間の体内では作ることの出来ない成分です。

 

これが私たちのお肌に浸透することにより、抗酸化作用や消炎作用を発揮して、お肌をしっかり守ってくれるのです。

 

次に、α-リノレン酸です。これは、馬が食べたえさに含まれる成分です。α-リノレン酸には殺菌作用や抗酸化作用があり、肌荒れを防いでくれます。

 

最後にビタミンEです。これは、お肌の老化を防止する効果が期待できます。

 

この上記の3種は、直接的に黒ずみそのものに働きかける成分ではありません。しかし、お肌の状態がしっかりと整うことによって、お肌自体が強くなり、刺激を受けにくい状態にはなります。

 

デリケートゾーンへのソンバーユの使い方を教えて!

先ほども書きましたが、ソンバーユは、赤ちゃんにも使えるくらい安心安全なクリーム。万が一口や鼻に入ってしまっても大丈夫なんです。

 

そう考えると、デリケートゾーンに使用しても安心ですよね。実際に使用する際は、お風呂上がりなど、きれいな素肌に使用するのがポイントです。

 

適量を手に取り、デリケートゾーンのお肌に優しくなじませていくのがポイントです。

 

デリケートゾーンの黒ずみには、ソンバーユより、専用クリームがいい?

上記にも書いたように、お肌の総合的なスキンケアとしては、かなりの実力を発揮してくれるソンバーユでしたが、デリケートゾーンの黒ずみ対策には、ちょっと物足りないと言った結果に。

 

やっぱり黒ずみには専用クリームが1番なんですね。そんな専用クリームとの違いや、使い方について学んでいきましょう。

 

ソンバーユがデリケートゾーンの黒ずみに効かない理由とは?

ソンバーユは、その高い保湿。これのおかげで、乾燥による刺激からお肌を守ってくれます。

 

ですので、摩擦や乾燥のせいでデリケートゾーンに黒ずみが出来てしまった人であれば、少しは効果があるのかもしれません。

 

とはいえ、ソンバーユには美白成分が入っていないので、効果が全くない訳ではないですが、すぐには綺麗になりません。やはり専用商品には及ばないんですね。

 

ソンバーユと専用クリームの違いを教えて!

ソンバーユと専用クリームの大きな違いは、お肌を白くする成分が入っているかいないかです。今回の主役であるソンバーユには、残念ながらこれが含まれていません。

 

とは言え、ソンバーユの保湿成分はピカイチですので、デリケートゾーンのお肌を乾燥や下着による摩擦から守りたいと言う時には、しっかりと効果を発揮してくれる事間違いなしです。

 

デリケートゾーンの黒ずみには、専用クリームのこの成分が効く!

デリケートゾーンのお肌はとても薄くて敏感です。なんと、瞼や目の周りの皮膚よりも薄く出来ています。

 

そのため、ちょっとの刺激ですぐに黒ずみが出来てしまったりと、トラブルを抱えやすいのです。

 

デリケートゾーンに使用する専用クリームには、刺激が少ないトラネキサム酸やビタミンC誘導体が入ったものを選びましょう。

 

これらの成分は美白効果もとても高く、肌への刺激が少ないことが嬉しいポイントなんです。

 

まとめ

ソンバーユの歴史は深く、その愛用者は全世界にたくさんいらっしゃいます。高い保湿性と、比重によって変わるソンバーユの形状が、愛用者を増やしているのです。

 

高い保湿性と安全性には優れていますが、デリケートゾーンのお肌には、いまいち力不足と言ったところ。

 

やはりデリケートゾーンの黒ずみには専用クリームが1番なんですね。専用クリームとソンバーユの大きな違いは、美白成分が入っているか、いないかという所にあります。

 

お肌への刺激の少ない美白成分の入った専用クリームを使い、デリケートゾーンを綺麗にしていきましょう。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム