生理前 デリケートゾーン 臭い

MENU

生理前のデリケートゾーンの臭いは何が原因?対策方法もあるの?

 

デリケートゾーンの臭いは普段から多くの女性が気にしていますが、生理前になると臭いを感じる方もいます。

 

生理前だから仕方ないかと、理由もなく納得してしまっているかもしれませんが、放って置けない場合もあります。

 

今回は、生理前のデリケートゾーンの臭いの原因と対策をまとめました。

 

生理前や生理中にデリケートゾーンが臭う原因

おりもの

生理前のデリケートゾーンの臭いに多く関係しているのが「おりもの」です。

 

まず、言っておきたいのが、そもそもおりものは、子宮頸部や膣内の分泌物や細胞が古くなって剥がれたものです。

 

通常は膣内を雑菌から守るため酸性に傾いているため、おりものは少し酸っぱい臭いがします。ですから、おりものが少し酸っぱい臭いがしても異常ではありません。

 

おりものの量は女性の生理周期に影響を受けています。排卵期が最も量が多く、排卵後はり減りますが、生理の直前に再び量が増えます。

 

排卵期のおりものは、比較的透明で、トロトロしていて量が多いだけで、臭い強くはありません。

 

この時期のおりものは、排卵日が近づいてくると精子が活動しやすいように膣内が酸性からアルカリ性に傾くため、臭いも感じません。

 

それに比べて、生理直前のおりものは、粘り気があり、色も濁っていて普段よりも臭いが強くなる傾向があります。

 

雑菌

特に基礎体温を測っている方は気付いていると思いますが、生理前の「黄体期」になると体温が上がります。

 

体温が高くなると、ムレなどにより雑菌が繁殖しやすい環境になります。雑菌が増殖すると臭いを発するようになるため、ムレやすい時期は臭いが気になります。

 

また、ナプキンを使用する生理中も雑菌が喜ぶ環境と言えます。

 

皮脂

生理前は卵胞ホルモン、つまりエストロゲンの量が減ります。

 

普段は、エストロゲンが皮脂を押さえていますが、エストロゲンの量が減るため、皮脂の量が増えてしまいます。

 

皮脂が増えると、皮脂腺に蓋をするようにふさいでしまい臭いが強くなります。

 

また、皮脂は雑菌の格好のエサになって、増殖を助けてしまうため臭いの原因になっています。

 

経血

生理の経血は、それ自体に臭いはありません。

 

ですが、ナプキンを長時間交換しないでいると、余計に雑菌が繁殖しやすい状況にしてしまいます。

 

すそわきが

すそわきがはワキガの臭いがデリケートゾーンからする症状です。これは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺がデリケートゾーンに多くある事が原因です。

 

アポクリン腺から出るタンパク質やアンモニアなどが含まれている汗を皮膚の常在菌が分解するからです。

 

生理前は女性ホルモンのバランスが崩れるため、臭いが強く出てしまう場合があります。

 

今日からできる対策

清潔に保つのが1番

常日頃からデリケートゾーンは清潔にしておく事は大切ですが、特に生理前のおりものが増える時期やナプキンなどでムレやすい生理中は注意が必要になります。

 

  • シャワーや入浴をする
  • 丁寧に洗う
  • 生理中は性交渉をしない
  • ナプキンは小まめに取り換える
  • ウォシュレットを活用する

 

雑菌や繁殖しにくい環境にしておくために、これらを意識して下さい。

 

洗い過ぎも要注意

実は洗い過ぎもデリケートゾーンの臭いを強くしてしまう事が分かっています。

 

デリケートゾーンを極端に洗ってしまうと、膣内を雑菌から守るために酸性にしている善玉菌の「乳酸菌」まで洗い流してしまうからです。

 

それでは元も子もないので、ゴシゴシと力を入れて洗うのは止めて下さい。

 

デリケートゾーンを洗う時は、十分に泡立てて、やさしく指の腹の部分で隅々まで洗って下さい。

 

また、流す際にも熱いお湯は避けて、ぬるま湯でやさしくしっかり泡を流して下さい。

 

過度に気にしない

デリケートゾーンの臭いを過度に気にしていると、ストレスから自律神経が乱れて臭いを強くしてしまう可能性もあります。

 

気にしなさ過ぎはもちろん問題ですが、きちんとケアして臭いを対処して、気にし過ぎないようにする事も大切です。

 

こんなにあるの?デリケートゾーンの臭いの原因

生理前は女性ホルモンのバランスが不安定になりやすい時期です。

 

デリケートゾーンの臭いを強くしないようにするためには、注意しなければならない事があります。

 

生活習慣

寝不足などの不摂生や飲酒、喫煙の習慣は、女性ホルモンのバランスを崩しやすくさせます。

 

生理前だけではなく、普段から十分な睡眠を取るなど、安定した生活を送る事が重要です。

 

また、適度な運動は女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、積極的に軽い運動をしてみて下さい。

 

食習慣

デリケートゾーンの臭いは食べ物でも変化します。

 

常に油っこい食事をしたりファストフードに頼っていると、デリケートゾーンが臭いってしまいます。

 

腸内環境良くして、活性酸素の量を減らすような抗酸化作用の高い食べ物を中心に摂るのがおススメです。

 

体調不良や疲労

体調不良や疲労は免疫力が低下してしまいます。また、女性ホルモンのバランスにとっても悪い影響があります。

 

仕事や家事が忙しくて体調が悪かったり、疲労が溜まっていると感じたら、なるべく早く対処するようにして下さい。

 

ストレス

ただでさえ、生理前や生理中は少しの事でイライラしたり、精神的に落ち込みやすい時期です。

 

そこで、さらにストレスを溜め込むとますます状況は悪くなります。ストレスは自律神経を乱して、女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。

 

公私ともにストレスが無い生活は、現代では難しいかもしれません。

 

ですが、ストレスは百害あって一利なしとも言えるような存在なので、少しでもストレスが溜まっていると感じたら、自分なりの方法で対処してみて下さい。

 

病気

デリケートゾーンの臭いの原因が病気の場合があります。

 

  • カンジタ膣炎
  • 細菌性膣炎
  • トリコモナス膣炎

 

これらの性病の可能性の他にも「糖尿病」の初期の症状でも臭いを感じる事があります。

 

今まで気にもならなかったのに突然臭いがキツくなったり、おりもの量が急激に増えたり、色がおかしいなどの異変に気が付いたら、放置せずに専門医を受診して対処して下さい。

 

簡単でおススメはケア商品

クリームやジェル

デリケートゾーン臭に効果的なクリームやジェルなどの商品があります。

 

すそわきがの場合、病院で手術やボトックス注射による治療法もありますが、そこまでは必要ないと感じる方やまずは自分でケアしてみたいと思う方にもおススメです。

 

消臭効果や殺菌効果だけではなく、臭いの原因になる乾燥を防いで潤いを与える商品もあります。

 

実際の使用者の口コミや評価などを参考にしてみて下さい。

 

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーンを清潔にしたいけれど、普通の石鹸やボディソープでは刺激が強くて隅々まで洗うのは抵抗がある場合は、専用の石鹸があります。

 

これなら、皮膚の薄いデリケートゾーンでもしっかり洗えます。

 

まとめ

生理前は、おりものや雑菌などの影響でデリケートゾーンの臭いが強くなってしまう事があります。ただでさえ気になる臭いが強くなってしまうのは女性にとっては大問題です。

 

デリケートゾーンの臭いは、専用の商品や生活習慣の見直しなど、適切な方法でケアして下さい。

 

また、急なデリケートゾーンの臭いには、病気が隠れている可能性もあります。少しでも異変を感じたら、専門医を受診して下さい。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム

 

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームランキング