デリケートゾーン 臭い 食べ物

MENU

デリケートゾーンの臭いは食べ物で変わる?!臭いの原因はアレ!

デリケートゾーン臭い食べ物

 

デリケートゾーンの臭いはそのままにはしておけません。臭いが原因で何事にも、特に恋愛には積極的になれない女性はもったいないです。

 

デリケートゾーンの臭いの原因の1つに「食べ物」があります。普段何気なく食べている物が臭いの元になっています。

 

今回は、どんな食べ物が臭いを引き起こしているのか、さらに簡単に臭いをケアする方法をご紹介します。

 

食べ物もデリケートゾーンの臭いの原因

関係ないと思われるかもしれませんが、食べ物がデリケートゾーンの臭いに大きく関係しています。

 

酸化問題

デリケートゾーンの臭いを強くしてしまう食べ物は、「酸化」を促進してしまう食べ物です。

 

野菜や果物の切り口を放っておくと変色したり、鉄が錆びてしまうのが酸化であり、これと同じことが身体に起こります。

 

私たちが身体に取り込んだ酸素の一部が変化して活性酸素になります。その活性酸素が、タンパク質や脂質などを酸化させてしまいます。

 

活性酸素は、ガンや動脈硬化などの病気や肌の老化を引き起こすなど、身体に害を及ぼします。

 

その害の1つがデリケートゾーンの臭いを強くする事です。ですから、活性酸素を撃退する「抗酸化作用」が高い食べ物がデリケートゾーンの臭いに効果的です。

 

腸内環境問題

腸内環境が悪いとデリケートゾーンにも悪影響を及ぼします。

 

便などに含まれている腸内細菌が、膣内に感染してデリケートゾーンの臭いになってしまう可能性があります。

 

特に女性は便秘の方が多く、便秘の状態は腸内環境が良くないので、デリケートゾーンの臭いを強くしてしまいます。

 

つまり、デリケートゾーンの臭いを解消するためには、この2つが重要になります。

 

  • 抗酸化作用の高い食べ物
  • 腸内環境を正しくする食べ物

 

活性酸素を増やす食べ物&抗酸化作用の高い食べ物

活性酸素を増やす食べ物

食品添加物の多い食べ物

食品添加物を多く含んでいる食べ物は、活性酸素を活発にして酸化を助けてしまいます。

 

  • コンビニやスーパーのお弁当、お惣菜
  • ファミレスなどのコーヒー
  • カット野菜やパック野菜
  • ファストフード
  • お菓子
  • ジュース

 

動物性タンパク質が豊富な食べ物

動物性タンパク質は悪玉菌を増殖してしまうため、雑菌が増えてデリケートゾーンの臭いをキツくしてしまいます。

 

  • 肉類
  • 魚類
  • 乳製品

 

ただし、動物性タンパク質は身体を作る大事な成分でもあります。バランスを考えて摂取して下さい。

 

抗酸化作用の高い食べ物

抗酸化作用が高く、臭いに効果的な栄養素には以下のようなものがあります。

 

  • ポリフェノール
  • カロテノイド
  • リグナン類
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

  • しょうが
  • 玄米
  • 大豆
  • ピーマン
  • セロリ
  • 春菊
  • 大根
  • なす
  • 緑茶
  • カカオ
  • そば
  • ニンジン
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • チンゲン菜
  • キャベツ
  • とうもろこし
  • ゴーヤ
  • トマト
  • アスパラガス
  • カボチャ
  • バジル
  • パセリ
  • パパイヤ
  • マンゴー
  • レモン
  • アセロラ
  • みかん
  • イチゴ
  • ブドウ
  • キウイ
  • ブルーベリー
  • 海藻類
  • ごま
  • 穀類
  • アーモンド

 

腸内環境を悪くする食べ物&良くする食べ物

腸内環境を悪くする食べ物

  • 肉類
  • 合成保存料の入った食べ物

 

腸内環境を良くする食べ物

腸内環境を良くするには、以下のような食べ物を中心に摂るのが理想です。

 

  • 食物繊維 豆類、イモ類、海藻類、野菜
  • ビフィズス菌
 

 

  • いんげん
  • エンドウ豆
  • 枝豆
  • さつまいも
  • 里いも
  • きくらげ
  • しいたけ
  • えのき
  • エリンギ
  • 松茸
  • しそ
  • パセリ
  • モロヘイヤ
  • オクラ
  • キャベツ
  • レタス
  • カボチャ
  • わかめ
  • 寒天
  • ひじき
  • 昆布
  • 干し柿
  • バナナ
  • アボカド
  • ラズベリー
  • ヨーグルト

 

臭いの強い食べ物にも要注意

デリケートゾーンの臭いを抑制するには、そもそも臭いの強い食べ物は避けなければなりません。

 

特にデートの前日は、口臭や体臭もキツくなってしまうので、注意して下さい。

 

アリシン

これらの食べ物には、臭いを強くしてしまう作用があるアリシンなどが含まれています。

 

  • ニンニク
  • ニラ
  • 玉ねぎ

 

臭いの強い食べ物

納豆やキムチなどの発酵食品は、腸内環境を良くする効果があります。ですが、そもそも臭いの強い食べ物は、デリケートゾーンの臭いも強くしてしまいます。

 

糖分の多い食べ物

女性は糖分の多い、甘いスィーツが好きですが、これはおりものの臭いを強くします。

 

糖分を摂り過ぎると、糖分をエサにしている子宮内の雑菌が増殖するからです。雑菌が増えればおりものは臭いを発するので、糖分の摂り過ぎには要注意です。

 

アルコール

一日の疲れを取ったり、ストレス発散のためにアルコールをよく飲む方も多いですが、アルコールをたくさん飲むと、汗をかきやすくなります。

 

汗は下着のムレや雑菌の繁殖を助長するので、特に意中の異性との食事やデートの際は気を付けて下さい。

 

その他に気をつけるポイントは?

デリケートゾーンの臭いを強くしてしまう原因に食べ物が挙げられますが、その他にもいくつか原因はあります。

 

体調不良、ストレス

体調不良やストレスが溜まっていると、免疫力が低下します。

 

免疫力の低下によって、膣に雑菌が繁殖しやすい状態になり、デリケートゾーンが臭う原因になります。

 

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れると皮脂の量が増えてしまいます。その皮脂が酸化して臭いを強くします。

 

また、加齢によるホルモンバランスの乱れが、デリケートゾーンを乾燥させて、臭いを感じるようになる場合もあります。

 

デリケートゾーンが不衛生

デリケートゾーンは見えない部分なので、あまり気を使わない方もいます。

 

丁寧に洗わなかったり、ウォシュレットを使用しない、トイレットペーパーのカスが残っている事が原因で、恥垢と呼ばれる垢が溜まったりして臭いがしてきます。

 

また、生理中にナプキンを長時間取り換えないでいると臭いが強くなります。

 

洗い過ぎ

不衛生にしておくのは良くないのは、ピンとくるかもしれませんが、洗い過ぎも大きな問題です。膣内は、善玉菌の「乳酸菌」が酸性を保ち、健康的な環境を作っています。

 

ですが、洗いすぎてしまうと、この乳酸菌まで失ってしまいます。善玉菌がいなくなると、雑菌が増えやすい環境へと変わってしまいます。

 

ですから、清潔にしようとしてデリケートゾーンを激しく洗っても、効果があるどころか悪影響になります。

 

デリケートゾーンを洗う時は、「常にやさしく丁寧に」を心がけて下さい。

 

すそわきが

デリケートゾーンが臭っているは、すそわきがが原因の方もいます。

 

すそわきがは、ワキガのデリケートゾーンバージョンです。すそわきがは、汗腺の「アポクリン腺」の数がデリケートゾーンに多くある状態です。

 

アポクリン腺から出る汗を肌の常在菌が分解して、あの臭いになります。

 

すそわきがの場合、生活習慣や食習慣、ホルモンバランスの乱れや飲酒、喫煙などでアポクリン腺を刺激すると臭いが強く出てしまいます。

 

病気

急にデリケートゾーンから臭いがしたら、最悪の場合病気にかかっているかもしれません。

 

「カンジタ膣炎」や「細菌性膣炎」「トリコモナス膣炎」などの病気の場合、おりものから異臭がする場合があります。

 

おかしいと気付いたら、そのまま放っておかずに、専門医への受診などで対処して下さい。

 

デリケートゾーンの臭いにケアのおススメは?

デリケートゾーンの臭いを自分で手軽にケアする方法があります。

 

クリームやジェル

デリケートゾーンの臭いをサッと解消してくれる商品があります。殺菌作用や消臭作用で気になる臭いにも効果があります。

 

また、臭いの他にも黒ずみにも効果的な商品もあるため、口コミや評価を参考に最適な物を選んで下さい。

 

石鹸

デリケートゾーンを清潔にするための専用の石鹸があります。

 

これなら低刺激なので、通常の石鹸やボディソープよりも安心してデリケートゾーンを洗えるので人気があります。

 

まとめ

デリケートゾーンの臭いを緩和する食べ物と強くしてしまう食べ物がそれぞれあります。

 

今まで気が付かずに、いつの間にか臭いを強くしていた方もいるかもしれません。食べ物を気を付けるだけなので、誰にでもすぐできるケア方法です。

 

市販のクリームなどの商品やデリケートゾーン専用の石鹸なども合わせて活用してみて下さい。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム