デリケートゾーン 臭い 病気

MENU

デリケートゾーンの気になる臭いの原因とは?それ、実は病気かも?

 

デリケートゾーンがなんだか臭う。誰もが1度は経験していると思います。

 

女性特有の生理が原因だったり、汗を書いた時や、人によってはストレスを感じた時に、臭いとして体に現れることもあるんです。

 

デリケートゾーンの臭いって、人それぞれだろうし、なかなか相談しにくい部分ですよね。

 

しかし、これをそのまま放っておくと、病気の原因になってしまう可能性があるって、皆さんご存知でしたか?

 

そんな誰しもなりうるデリケートゾーンのお悩みについて、今回は探っていきましょう。

 

デリケートゾーンの臭い。この原因って一体何?

デリケートゾーンが臭う事、ありますよね。特に私達女性には生理がありますから、ナプキンで蒸れてしまったりすると、余計臭いがきつくなったりしますよね。

 

そこにさらに汗をかいたりすると…もうすごいことになっちゃいます。そんなデリケートゾーンの臭いの原因って、一体何なんでしょうか?

 

デリケートゾーンの臭い、実はみんな悩んでいた!

デリケートゾーンの臭いのことって、むだ毛もそうですが、なかなか人に言いにくいですよね。

 

同じように、他人のデリケートゾーンの臭いが気になっても、指摘しにくい部分でもあります。

 

そんなデリケートゾーンの臭い、意外とみんな悩んでいるんですよね。

 

生理中、なんだかいつもと違うような臭いがする…
臭いがするから、みんなにこの臭いがばれていないか不安…

 

など、人に言いにくいからこそ、悩んでしまうんですよね。悩んでいるのはあなただけじゃなりません。一緒にデリケートゾーンの臭いについて、勉強していきましょう!

 

デリケートゾーンの臭いの原因はこれだった!

では、実際に臭いの原因について探っていきましょう。臭いの原因は大きく分けて6つあります。

 

@菌の繁殖が原因

 

私達人間の体は、悪い菌が体に侵入しないように、一定数の菌が体のいたるところに存在しています。

 

しかし、これが何らかの原因により過剰に増えてしまうと、臭いを放つ原因に変わってしまうのです。

 

特に多いのはストッキングやタイツなどと言った、通気性の悪い下着がその原因。デリケートゾーンが蒸れやすくなってしまいます。

 

さらに、デスクワークなどで椅子に座りっぱなしだったり、生理中のナプキンは、菌が増加して臭いのもとになってしまいます。

 

A食事が原因

 

デリケートゾーンの臭いが日によって違うと言う方は、食事を見直して見るといいですね。

 

特に、肉類や脂肪分が多いもの、香辛料、アルコール、ニラ、ニンニクなどは、腸の中の悪玉菌を増加させる原因となります。

 

さらに、体から発する臭い成分を増加させてしまうため、これがデリケートゾーンにも作用し、結果デリケートゾーンの臭いの原因になってしまうのです。

 

Bホルモンバランスの乱れが原因

 

女性には生理があり、それが訪れると必ずホルモンバランスが乱れます。これが原因で汗をかきやすくなり、デリケートゾーンが臭いやすくなってしまうのです。

 

Cすそわきが

 

すそわきがってご存知でしょうか?実は、ワキガのデリケートゾーンバージョンのこと。

 

デリケートゾーンが、ネギやお酢、納豆、鉛筆などといったいつもと違う臭いがしたら要注意です。

 

D加齢臭

 

年齢にはどう頑張っても勝てないのですが、私たちの体は、加齢による影響でホルモンバランスが崩れていきます。

 

そのため、膣内の性質のバランスが崩れて菌が繁殖しやすくなり、デリケートゾーンが臭ってしまうのです。

 

E病気が原因

 

1番厄介なのが、病気の可能性です。

 

いつもは臭いを感じないのに、急ににおいを感じるようになった、なんて人は要注意です。一度、婦人科などで検査をしてみることをおすすめします。

 

デリケートゾーンの臭いを発する病気は、性交で感染してしまうものがほとんど。この他にも、膣の炎症で細菌性腟炎などの症状もにおいの原因なので注意しましょう。

 

デリケートゾーンの臭い、誰に相談すればいいの?

1番にいいのは、やはり専門的な知識のある産婦人科の医師に診てもらうことです。

 

たかが臭いだけで産婦人科まで行くの?と思うかもしれませんが、臭いだけで、中には自覚症状がない危険な病気だってあります。

 

勇気を出して、病院に行ってみることをお勧めします。とはいえ、産婦人科に行くのってなかなか勇気がいりますよね。

 

私も若いころは内診が嫌で、どうしても脚が進みませんでした。

 

そんな人は、インターネットで自分のデリケートゾーンの自己診察もできますし、病院によってはメールでの問い合わせもできます。自分にあった方法で臭いの原因が分かるといいですね。

 

デリケートゾーンの臭いは病気のサインかも?!

上記でも少し触れた、デリケートゾーンの病気の可能性。意外と自分の知らない所で、病気にかかってしまっているかもしれないんです。

 

では、どんな臭いが危険が病気のサインなのでしょうか。また、その病気の種類とは?

 

デリケートゾーン、こんな臭いがしたら要注意!?

毎日デリケートゾーンの臭いを確認している、という人はなかなかいないと思いますが、気がついた時に確認しておくといいと思います。

 

とはいえ、こうやって意識しなくても、デリケートゾーンが強烈なにおいを放つ時があります。それが病気のサインです。

 

デリケートゾーンが病気に侵され始めると、最初のうちは自覚症状がないことが多いのですが、徐々に、臭いやおりものに変化が現れます。

 

病気のサインであるいつもと違った臭いを、見過ごさないようにしましょうね。

 

デリケートゾーンの臭いで考えられる病気とは?

@子宮頸がん

 

デリケートゾーンそのものというより、おりものにひどい悪臭を感じます。

 

A子宮内膜症

 

強い臭いはありませんが、危険な病気です。

 

B淋病
C細菌性膣炎
Dトリコモナス

 

デリケートゾーンやおりものに臭いを感じます。

 

Eカンジダ膣炎

 

魚のような臭いを感じます。

 

Fクラミジア

 

おりものが緑色になり、デリケートゾーンに強い臭いを感じます。

 

デリケートゾーンの臭いをなんとかしたい!やっぱり病院に行くべき?

デリケートゾーンの臭い、なんとかしたいと思っても、産婦人科はどうしても行きにくい、そんな場所ですよね。

 

確かにその気持ち、よくわかります。特にまだ年齢が若い人なんかは、内診なんてもうドキドキですよね。

 

とはいえ、デリケートゾーンの臭いはほっといてもなかなかよくなりません。一体どうしたらいいのでしょうか。

 

デリケートゾーンの臭いをなんとかしたい時、自分で出来る処置とは?

まずは、自分1人で出来そうなことからやってみましょう。

 

@陰毛をカット

 

カットすることにより通気性が向上し、菌が繁殖するのを軽減することがでるので、デリケートゾーンの臭いには、効果的です。

 

A洗い過ぎない

 

臭いを何とかするために、何度も何度もこすり洗いしまうと、実は逆効果になる場合があります。

 

B通気性の良い下着をチョイス

 

汗や蒸れによる臭いを何とかするためには、これが1番です。コットンやシルク、リネンといった、通気性のいい素材を選ぶようにしましょう。

 

デリケートゾーンに臭いは、ここで治そう!

やはり産婦人科で診察を受けるのが、デリケートゾーンの臭いの解決の1番の近道です。

 

意外と自分では気づいていなかった病気なども見つけられるので、定期検診などには必ず参加しておくといいですね。

 

市販の薬では治りにくい臭いもありますので、勇気を出して、1度診察を受けてみましょう。

 

もしも、デリケートゾーンの病気になっていたら

デリケートゾーンも体の1部です。風邪や怪我と同じように、デリケートゾーンだって調子が悪い時があります。

 

それが当たり前なんです。ちょっと病院には内科や外科とは違い、行きにくい部分もあるかもしれませんが、自分自身の体と向き合ういい機会です。産婦人科へ1歩踏み出しましょう。

 

たとえ病気だったからと言って、落ち込むことはありません。今は性病はほとんど薬で完治させることができます。

 

早期発見が臭いを早く食い止めるカギになりますので、いつもと違う臭いを感じたら、1度はやめに行ってみるといいですね。

 

まとめ

デリケートゾーンの臭いには色々な原因があり、悩んでいる人が意外と多いのも特徴です。

 

デリケートゾーンの臭いの原因は、病気である可能性があります。いつもと違う臭いがしたり、臭いが急にするようになったら、1度産婦人科を受診してみましょう。

 

デリケートゾーンの臭いは、自分でなんとかできる場合もあります。出来る人はチャレンジしてみましょう。

 

それでも良くならない人は病気の可能性が高いので、産婦人科に行くようにしましょう。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみ臭い対策クリーム