デリケートゾーン 黒ずみ 対策

MENU

あれ!デリケートゾーンが黒い!デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいても、人には話せずに結局そのままにしている方もいます。

 

デリケートゾーンが黒ずんでいると、恋愛はもちろんですが、人生そのものに前向きになれない可能性もあります。

 

そこで、まずは黒ずみの原因を探って、さらには簡単にケアできる対策法についてまとめました。

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因

肌への刺激

まず、黒ずみの大きな原因は、肌への刺激です。黒ずみは、メラニン色素が蓄積してできます。

 

さまざまな刺激から肌を守るために、メラノサイトで作られるのがメラニン色素です。メラニン色素が蓄積してしまうと黒ずみとなります。

 

デリケートゾーンはメラノサイトの密度が高いので、黒ずみができやすくなります。

 

さらに、デリケートゾーンは、皮膚が薄いため刺激を受けやすいのも黒ずみができやすい原因になります。

 

日々の何気ない行為が肌への刺激になります。

 

  • 洗い過ぎ
  • 下着の締め付け
  • 摩擦
  • カミソリでの自己処理

 

デリケートゾーンをキレイしようとゴシゴシ激しく洗うのは、肌への強い刺激になって黒ずみの原因になっています。

 

摩擦は、下着だけではなく、ナプキンやジーンズ、ストッキングによっても引き起こされます。

 

カミソリを使って頻繁に自己処理をしていると、カミソリの刺激で黒ずんでしまいます。

 

ターンオーバーの乱れ

黒ずみの原因として、注目しておきたいのが「ターンオーバー」です。ターンオーバーは、肌が新しく生まれ変わる「新陳代謝」を意味します。

 

ターンオーバーは、健康な状態であれば、約28日間で行われます。ターンオーバーが正常に行われると、メラニン色素は排出されるため、黒ずみとして蓄積されません。

 

ところが、ターンオーバーが乱れると排出されずに、メラニン色素はどんどん溜まる事になります。それが黒ずみができる、または黒ずみの悪化の原因です。

 

ターンオーバーの乱れもいろいろな理由で起こりやすくなります。

 

  • 加齢
  • 生活習慣
  • ストレス
  • 食生活
  • 女性ホルモンバランスの乱れ

 

加齢に伴うターンオーバーの乱れは黒ずみやシミに大きく関係しています。

 

また、寝不足などの生活習慣の乱れや、ストレス、油っこい食事など偏った食生活も黒ずみを悪化させます。

 

さらに、女性の生活を左右する女性ホルモンバランスも黒ずみの原因です。女性ホルモンのバランスが乱れると、ターンオーバーも乱れます。

 

乾燥

乾燥は黒ずみの原因だと思っていない方もいますが、実は密接な関わりがあります。

 

特にデリケートゾーンは、肌が薄いため水分をキープしにくい場所です。ですから、顔と同様に乾燥しやすいのです。

 

そのため、乾燥しやすいデリケートゾーンは、肌の刺激を受けやすく黒ずみの原因になったり、黒ずみが悪化しやすい場所です。

 

デリケートゾーンの黒ずみと臭いやかゆみ

デリケートゾーンを過剰に洗ったり、ターンオーバーの乱れを引き起こす生活習慣や食習慣、女性ルモンのバランスの乱れは、黒ずみだけではなく「臭い」や「かゆみ」の原因にもなります。

 

また、乾燥は雑菌が繁殖しやすい環境なので、臭いやかゆみを引き起こします。デリケートゾーンの黒ずみ、臭い、かゆみはセットのようなものです。

 

3つを上手にケアする事が大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策

激しく洗わない

デリケートゾーンを清潔にするのはとても良い事です。ですが、過剰に洗うのは刺激になり逆効果です。

 

ですから、デリケートゾーンを洗う時には、いくつかポイントがあります。

 

  • よく泡立てる
  • やさしく指の腹で洗う
  • 丁寧に細部まで洗う
  • ぬるま湯でしっかり流す

 

下着を選ぶ

下着を選ぶ時は、風通しの良い素材でサイズの小さすぎない物がおススメです。

 

デザインも重要ですが、それだけにこだわってしまうと黒ずみができやすい状態になってしまう可能性があります。

 

保湿

保湿はデリケートゾーンの黒ずみ対策にとっては欠かせない条件です。デリケートゾーンの潤いは加齢によっても失われてしまいます。

 

デリケートゾーン専用、または肌にやさしいタイプの保湿剤で、しっかり保湿して下さい。

 

反対にデリケートゾーンがムレてしまっても、臭いや痒みの原因になってしまうので、気を付けて下さい。

 

女性ホルモンのバランスを整える

女性ホルモンのバランスを整える事は、ターンオーバーを助ける事に繋がります。

 

また、女性ホルモンのバランスを整えると肌の乾燥改善にもなります。

 

肌の調子が良くなったり、アンチエイジング効果、女性としての魅力がアップするなど良い事が多いので、普段から意識してみて下さい。

 

女性ホルモンのバランスを整えるためのポイントは、

 

  • 十分な睡眠
  • 軽い運動
  • 血流を良くする
  • ストレスを溜めない
  • 女性ホルモンに良い食事

 

などがあります。夜の10時~夜中の2時までは「ゴールデンタイム」とされ、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が活発になります。

 

ウォーキングなどの軽い運動や、身体を冷やさずに血流を良くする事は、女性ホルモンに良い影響を与えてくれます。

 

また、ストレスは何においても良くありません。日頃から、自分なりのストレス解消方法を見つけておく事が大切です。

 

女性ホルモンに良い食事は、「大豆製品(イソフラボン)」「ナッツ類(オメガ3系脂肪酸)」「キャベツ(ボロン)」などが含まれます。

 

ターンオーバーを促す

女性ホルモンを整える方法は、ターンオーバーを促します。さらに、ターンオーバーを促す栄養素には、以下のようなものがあります。

 

  • ビタミンA(ニンジン、カボチャ、レバーなど)
  • ビタミンB2(レバー、うなぎ、サバ、牛乳など)
  • ビタミンB6(レバー、ささみ、カツオ、マグロ、バナナなど)
  • ビタミンC(菜の花、赤ピーマン、柿、ネーブルオレンジなど)
  • ビタミンE(サーモン、うなぎ、カボチャ、アーモンドなど)
  • 亜鉛(牡蠣、牛肉、豚レバーなど)

 

これらを積極的に摂取してみて下さい。

 

デリケートゾーンの黒ずみで脱毛を断られる?!

実は、黒ずみが原因でデリケートゾーンの脱毛を断られるケースもあります。

 

フラッシュ(光)脱毛は、毛根のメラニン色素に反応して光を照射してダメージを与える仕組みです。

 

あまりにも黒ずみが酷い場合、毛根だけでは済まずに、デリケートゾーンの黒ずみにまで機械が反応してしまい、肌トラブルの原因になりかねません。

 

黒ずみはデリケートゾーンだけではない

デリケートゾーンの黒ずみだけを気にしているかもしれません。黒ずみはデリケートゾーンの他にも、「ヒザ」「ヒジ」「わき」にもできます。

 

デリケートゾーンの黒ずみだけではなく、他の箇所にも注意が必要です。箇所に関係なく、原因は同じです。

 

ですから、デリケートゾーンの他にも黒ずみを見つけたら、同じようなケアや対策を行って下さい。

 

簡単便利な黒ずみケア商品

自分でも簡単にデリケートゾーンの黒ずみを解消してくれる商品があります。それが、デリケートゾーン専用の美白クリームやジェルです。

 

美白効果や殺菌効果、さらには保湿効果のある商品が多く、黒ずみの原因に基づいて作られています。

 

これらの商品を継続すると黒ずみ改善になります。また、医薬部外品、日本製など安全にも配慮しているので、安心して使用できます。

 

多くの商品は、公式サイトなど通販で購入が可能です。継続が重要なこれらの商品を公式サイトで定期購入すると、お得で効果的です。

 

さまざま商品があるので、実際の愛用者の口コミを参考にして下さい。

 

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみの原因は1つではありません。また生活習慣など簡単な事が原因になります。

 

ですが、その原因を知れば、ケアや予防も可能です。もし、すでに黒ずみができてしまっていても、慌てずに専用の商品や生活習慣の見直しで黒ずみ対策を行って下さい。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム