デリケートゾーン 黒ずみ 脱毛

MENU

デリケートゾーンの脱毛で黒ずみが出来てしまう?その対策とは?

 

今やデリケートゾーンの脱毛は、結構当たり前になってきました。

 

しかし、脱毛が進んでくると今度気になるのは、黒ずみ。毛がなくなることによって、黒ずみが目立ってくるんですよね。

 

しかも、脱毛で使うレーザーの光によってその黒ずみが悪化してしまうなんていう話も耳にします。これって本当なのでしょうか。

 

そして、黒ずみ対策と、出来てしまった場合の解消法とは?一緒に見ていきましょう。

 

どうして脱毛でデリケートゾーンに黒ずみが出来てしまうの?

せっかく脱毛で綺麗になりに行っているのに、逆に黒ずみが悪化してしまったら、本末転倒ものですよね。

 

では、どうして綺麗になるはずの脱毛で、お肌が黒ずんでしまうのでしょうか?

 

黒ずみが出来てしまう、間違ったお手入れ法とは?

1番の理由は、間違ったむだ毛の自己処理です。

 

自己処理の方法と言えば、カミソリや毛抜きなどを使ってむだ毛を処理していきます。1番お金もかからないですし、誰かに見られることもないので、気軽にできるのが嬉しいポイント。

 

しかし、カミソリや毛抜きでの脱毛は、お肌にかなりのダメージを与えています。こんな間違った自己処理を続けると、デリケートゾーンのお肌はダメージを蓄積していき、どんどん黒ずんでしまうのです。

 

とくに体の中でもデリケートゾーンは皮膚の弱い部分になります。そんな所に、繰り返し刺激を与えてしまうと、私たちの体は、その刺激から守るためにメラニン色素を生成します。

 

そして結果、そのメラニンにより、デリケートゾーンが黒ずみに冒されてしまうのです。

 

脱毛すると黒ずみが目立つようになったような…これってどうして?

脱毛をすると、今まで見えていなかった肌が姿を見せます。すると、意外と目立って見えてくるのが、この黒ずみなんです。

 

事実、脱毛後にデリケートゾーンの黒ずみが気になり始めた、という方、結構多いんですよね。

 

デリケートゾーンはそうそう人と比べることはありません。ですので、自分自身、一度気になり始めると、気になって気になって仕方なくなってしまうんです。

 

脱毛で出来る、デリケートゾーンの黒ずみのメカニズムとは?

上記に書いたように、間違った脱毛方法により肌の新陳代謝が悪くなります。

 

私たちの肌の組織は、ターンオーバーと言って、一定の周期で新しく生まれ変わることを続けています。しかし、新陳代謝が悪くなると、ターンオーバーがうまくいかなくなってしまうんです。

 

これがうまくいかないと、メラニン色素が生成された皮膚がなかなか新しくなれず、蓄積したままになり、結果黒ずみが悪化していくと言うわけです。

 

デリケートゾーンに黒ずみがあっても脱毛って出来るの?

脱毛前からデリケートゾーンに黒ずみがあって悩んでいると言う方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

サロンで脱毛したいけど、黒ずみがあっても大丈夫かどうか心配ですよね。よく、日焼けした肌には出来ないと聞きますからね。

 

では、実際はどうなのでしょうか?

 

サロンによっては脱毛出来ない場合も…これってどうして?

今多くの脱毛サロンで使用されているのが、黒い色に反応して毛根を焼き切る脱毛方法です。

 

この脱毛方法は、より黒い色に反応するように作られていますので、日焼けした黒い肌だと、その肌の色にも反応してしまい、しっかりとした効果が得られない場合があります。

 

これと同じように、デリケートゾーンの黒ずみも、黒い色に反応して脱毛する機器では、たとえ光を当てたとしても、効果を十分に発揮できない可能性が高いのです。

 

このため、サロンによってはデリケートゾーンに黒ずみがあった場合、脱毛を断ったり、施術が出来ても、黒ずんでいる部分は脱毛効果が低くなる可能性を説明されるのです。

 

黒ずみがあっても脱毛できるサロンとは?

とはいえ、今ある黒ずみを完全に消し去るまで脱毛をしないでおくなんて、出来ないですよね。

 

では、デリケートゾーンに黒ずみがあったとしても脱毛をしてくれる、脱毛効果が高いサロンはあるのでしょうか。

 

そのサロンは、今や全国に120店舗展開する脱毛サロン、ディオーネです。このサロンの売りは、何と言ってもどんな肌にも脱毛ができてしまうと言うところ。

 

従来の毛根をレーザーで焼き切るものとは違い、これから毛になる毛の種と呼ばれる部分に光を当て、毛を生えにくくしていくと言う新しい脱毛方法!

 

敏感肌さんはもちろん、ニキビ肌やアトピー肌、日焼け肌に黒ずみお肌でも脱毛可能で、しっかりと脱毛効果が得られると言う、今注目の脱毛サロンなんですよ。

 

脱毛で出来てしまった黒ずみ、一体どうしたらいい?

今までの自己処理で出来てしまった黒ずみたち。

 

しっかりお風呂で洗っているはずなのに、なかなか綺麗にならない…というか、前より黒ずみが悪化しているような気がする。こんな経験ありませんか?

 

実は、黒ずみをお風呂でごしごし擦っては綺麗になるどころか、逆効果なんです。では、実際に黒ずみを綺麗にするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

脱毛以外にも黒ずみの原因ってあるの?

このデリケートゾーンの黒ずみ、間違った自己処理でもなりますが、私たちが毎日身につけている下着でも黒ずみは出来てしまうんです。

 

この下着を身につけ、私たちが体を動かすことで下着と皮膚の間に摩擦が生まれ、その摩擦により、肌はダメージを受けます。

 

このダメージが蓄積されて行くことにより、黒ずみとなって私たちの体に現れると言うわけです。

 

下着を選び時は、肌への摩擦の少ないものや、シルク素材のものを選ぶといいですね。

 

黒ずみは刺激しない、が正解!専用クリームでより綺麗に!

上記にも書いたように、黒ずみは擦ったり刺激を与えると、悪化してしまいます。

 

ですので、もし黒ずみを発見したら、ごしごし洗いたくなるかもしれませんが、ここは我慢して優しく丁寧に洗うようにしましょう。

 

理想は顔を洗うのと同じように、たくさんの泡で包み込むように優しく洗う事。

 

ちょっと物足りないかもしれませんが、これが黒ずみには1番効くんです。とにかく擦らず、刺激を与えず、を徹底しましょう。

 

ちなみに石鹸も、より刺激を与えないような、お肌と同じ弱酸性を選ぶのがベストです。

 

一体どのくらいで綺麗になる?黒ずみがなくなるまでの期間

実はこの黒ずみ、1番厄介なのが、なかなか綺麗にならないことなんです。

 

今から黒ずみケアを始めたからと言って、すぐに綺麗になるわけではなく、最低でも3カ月、完全に綺麗にするには個人差はあるとはいえ、約1年ほどかかるともいわれています。

 

そのくらい黒ずみは厄介な存在なのです。中には黒ずみケアを諦めてしまう方もいらっしゃいます。そんな方にお勧めなのが、黒ずみ専用クリームです。

 

この専用のクリームをお肌を洗った綺麗な状態に使うことにより、より早く黒ずみのない綺麗なお肌を手に入れることができます。

 

早く綺麗なお肌を手に入れたいと言う方は、ぜひともこの黒ずみ専用クリームを使ってみてくださいね。

 

まとめ

間違った脱毛方法により、デリケートゾーンの黒ずみは悪化してしまいます。デリケートゾーンを脱毛する時は、サロンに通うなど、プロにお任せするのが1番です。

 

サロンによっては黒ずみお肌では、脱毛してくれないところもあります。しかし、ディオーネならどんなお肌でも脱毛してくれるので、1度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

黒ずみは脱毛以外にも、下着の摩擦などでも悪化します。黒ずみは刺激しないのが1番なので、自宅では優しく洗い、黒ずみ専用クリームで保湿してあげるのが綺麗への近道ですよ。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム