デリケートゾーン かゆみ

MENU

デリケートゾーンのかゆみはケアできる?簡単お手入れ方法

 

デリケートゾーンがかゆくてなんだかいつも落ち着かない・・・

 

そんな経験のある女性は少なくありません。場所が場所だけに、相談もできずに日々かゆみと戦っているのは、非常にツラい事です。

 

そこで、デリケートゾーンのかゆみの原因とお手入れ方法についてまとめました。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみの原因は、1つだけとは限りません。さまざまな状況が混ざって起こります。

 

ムレ

デリケートゾーンは、「汗」や「生理中の経血」によってムレやすくなります。デリケートゾーンは汗をかいても、その汗が乾きにくい場所です。

 

汗を吸収にくい下着をつけたり、ナプキンを長時間交換しないと、さらに症状が悪化します。

 

下着やナプキンによる摩擦

下着やナプキンの素材が合わないと、擦れてかゆくなります。

 

特にショーツは、生地だけではなく縫い目なども摩擦の原因になります。直接肌に触れる物だけに、自分に合った物を選ぶのがベストです。

 

体調不良や疲労

一見関係ないように思われるかもしれませんが、体調が悪かったり、疲れていると痒みを引き起こします。

 

これは、免疫力の低下が原因です。免疫力が低下していると肌が敏感になってしまうため、かゆみを感じます。

 

ストレス

ストレスも見過ごせない原因の1つです。ストレスを溜め込むと、免疫力の低下に繋がります。

 

いつもはかゆくなる事がないのに、ストレスが溜まって急にかゆみを感じる方もいます。

 

ホルモンの乱れ

ホルモンバランスの乱れにも注意が必要です。

 

  • 更年期
  • 妊娠中

 

この時期は、ホルモンバランスが乱れやすくなり、デリケートゾーンにかゆみを感じやすくなります。

 

更年期の時期は、ホルモンが減少して膣内の乾燥や体温の上昇によってもかゆみを招きます。

 

また、妊娠中は「妊娠性掻痒(にんしんせいそうよう)」と呼ばれる症状で、デリケートゾーンがかゆくなる方が多くいます。

 

生理中

まず、生理前後はおりものの量が増えるので、かゆみを感じやすくなります。

 

生理中はホルモンバランスも乱れますし、ナプキンのムレも原因になります。

 

また、この時期は肌が敏感になったり、何かと反応しやすいので、普段よりデリケートゾーンがかゆくなる要因が多いです。

 

アレルギーなどの体質

下着やナプキンが肌に合わない場合やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を持っている方もかゆみを感じる可能性があります。

 

不衛生な状態

デリケートゾーンを洗わない、下着を交換しないなど不衛生な状態でいるとかゆくなります。

 

生理中は特に注意して下さい。また、清潔さに過敏になって洗い過ぎると、刺激でかゆくなる事もあります。

 

あまり過度にゴシゴシ洗わないようにして下さい。

 

かゆみには病気が隠れている?

実はかゆみには、病気が隠れているケースも少なくありません。

 

どんな病気?

 

病名 膣カンジタ
原因 カンジタ菌
症状 ぽろぽろしたおりもの、かゆみ

 

そもそもカンジタ菌は誰でも持っている菌ですが、体調不良やストレスなどで増えてしまいます。おりものは、「カッテージチーズ」のようだと表現されます。

 

病名 白癬症
原因 白癬菌
症状 ぽろぽろしたおりもの、かゆみ

 

白癬(はくせん)症の原因は、水虫などの原因菌と同じ白癬菌です。症状はカンジタに似ています。

 

病名 トリコモナス膣炎
原因 トリコモナス原虫
症状 かゆみ、痛み、おりもの

 

トリコモナス膣炎のほとんどは性交渉によって感染します。おりものは、臭いがきつく泡状で濃い色味が特徴です。

 

また、お風呂やタオル便座でも感染する事もあります。

 

病名 尖圭コンジローマ
原因 ヒト乳頭腫ウイルス
症状 大陰唇・小陰唇・尿道口に腫瘤、かゆみ

 

尖圭(せんけい)コンジローマは、性交渉で感染します。自覚症状もなく、潜伏期間も長いのが特徴です。

 

病名 毛じらみ症
原因 ケジラミ
症状 かゆみ

 

ケジラミが陰毛に潜んで血を吸う事でかゆみを起こします。激しいかゆみに発展する可能性もあります。

 

病名 疥癬
原因 ヒゼンダニ
症状 陰部の丘疹、かゆみ

 

陰部にできた丘疹が、身体全体へ広がっていきます。他にも、糖尿病や精神疾患が原因でかゆみが生じるケースもあります。

 

かゆみは乾燥も原因、保湿も忘れない

かゆみの原因は乾燥による場合もあります。デリケートゾーンはムレやすいと同時に乾燥しやすい部分です。

 

デリケートゾーンは皮膚が薄いので、どうしても潤いを保ちにくくなるのが、乾燥しやすい理由です。

 

また、乾燥は、脱毛や加齢が原因でも悪化します。

 

かゆみを解消する方法

実際にかゆみを防止するためには、ちょっとした心がけが大切です。

 

下着やナプキンの見直し

サイズや素材の合わない下着、またはナプキンは、ムレの原因になります。通気性の良い、自分の肌に合った下着を選ぶようにして下さい。

 

下着だけではなく、ストッキングやキツめのジーンズなどもムレやすくなります。

 

もし汗をかいたり、ムレてしまったと気付いた時は、下着を交換するなどしてケアも行って下さい。

 

デリケートゾーンを清潔に保つ

性病を防ぐためにも、デリケートゾーンは清潔にしておく事が重要です。

 

  • キレイに洗う
  • ナプキンは小まめに取り換える
  • ウォシュレットを使う

 

デリケートゾーンは洗い過ぎも良くありません、洗う時は泡をしっかり立てて、やさしく丁寧に洗って下さい。

 

流す時も泡を残さないようにやさしく流して下さい。ゴシゴシ洗うと、デリケートゾーンの黒ずみなどの原因にもなります。

 

デリケートゾーン専用のボディソープなども販売しているので、それを使用するとさらに安心です。

 

体調管理、ストレスを溜めない

体調不良や疲労、ストレスは免疫力を低下させます。夜更かしや暴飲暴食などには気をつけて、生活習慣を見直して下さい。

 

なるべく疲れを溜め込まないような工夫も必要です。

 

ストレスを溜めない生活は現代人には難しい話ではありますが、上手にストレスを発散できる方法を自分で見つけておくなどして対処して下さい。

 

専門医の受診

特に性病にかかってしまった時は、早めの受診が鉄則です。放っておくと症状が悪化して、治療も面倒になります。

 

普段はかゆくないのに、急にデリケートゾーンがかゆくなったなど、少しでも気になる事があれば、専門医に相談して下さい。

 

かゆみには市販の薬

デリケートゾーンのかゆみ対策には、市販の薬も有効です。軟膏が主流ですが、有名な商品の小林製薬の「フェミニーナ」のシリーズには、ミストタイプもあります。

 

数多くの商品があり、成分や香り、使い勝手などにもそれぞれ特徴があります。市販薬なので、ドラッグストアや薬局などでも気軽に手に入ります。

 

また、買いに行くのが恥ずかしい方は、楽天やAmazonでも購入できるので安心です。

 

主な市販薬

  • フェミニーナシリーズ 小林製薬
  • デリケア  池田模範堂
  • メンソレータムフレディメディカルクリーム、ジェル ロート薬品
  • ユースキンラフレ  ユースキン製薬

 

これらは、かゆみに効果的な商品です。どれを選んでよいのか分からない場合は、薬剤師さんなどに相談してみて下さい。

 

また、口コミや評価なども参考にしてみて下さい。

 

まとめ

デリケートゾーンのかゆみは、病気が隠れている場合もあるので、放っておく事も楽観視もできません。

 

原因も一つではなく、日常的に行っている事が原因になります。そのため、誰でも起こりうる症状です。

 

まずは、かゆみを防止するためのケアが最優先ですが、もしかゆみを感じたら、早めの対処が肝心です。

 

対処法には市販薬もおススメです。デリケートゾーンのかゆみが気になったら、ぜひお試し下さい。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム

 

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームランキング