イビサクリーム 副作用

MENU

効果が高いと評判のイビサクリーム!でも副作用の心配は・・・?

 

口コミで96.7%と高い評価を得ている、デリケートゾーン黒ずみケアの「イビサクリーム」。

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいて、購入を検討しているという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし気になるのが、その副作用ですよね。効果が高ければ高いほど、危険性も高いのではないかと心配になってしまいます。

 

また以前に他のクリームなどで、副作用が出てしまった方は余計に心配だと思います。

 

確かに気になる黒ずみが解消されても、腫れたりかぶれたり・・・では、意味がありません。それにそこまでして黒ずみを解消したい!と考える人も少ないでしょう。

 

では、イビサクリームには副作用の出てしまう可能性はあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

イビサクリームは医薬部外品なので副作用のリスクは少ない!!

イビサクリームが分類されているのは、医薬部外品です。

 

スキンケア商品は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類されます。

 

医薬品

医薬品に分類されているものは、高い効果が期待できますがその分副作用も出やすいとされています。

 

医薬的効果のある成分が配合されています。

 

化粧品

安心、安全を重視した商品です。そのため効果は、医薬品や医薬部外品に比べると劣ってしまいます。

 

基本的に美容を目的としたものが多くなっています。

 

医薬部外品

こちらは医薬品に比べると効果は劣ってしまいますが、安全性が高くなっています。

 

その商品の目的に合わせた有効成分が、定められた量で配合されています。どちらかというと予防を目的としたものが多くなっています。

 

このようにイビサクリームが分類されている医薬部外品は、効果はある程度認められていて、なおかつ副作用の危険性も少ないので、安心して使う事ができます。

 

イビサクリームに含まれる成分から、副作用の危険性を見てみよう!

分類としては副作用の危険性が低いということはわかりました。

 

では次は実際にイビサクリームに含まれる成分から、その危険性を見ていきましょう。

 

イビサクリームに含まれる成分

有効成分

 

  • トラネキサム酸
  • グリチルリチン酸2K

 

その他に含まれる成分

 

  • さくら葉抽出液
  • カモミラエキス
  • ダイズエキス
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • シロキクラゲ多糖体
  • 乳酸ナトリウム液
  • ローズ水
  • BG
  • 1,2-ペンタンジオール
  • 1,2-ヘキサンジオール
  • グリセリン
  • オウゴンエキスシクロヘキサンジカルボン酸
  • ビストエトキシジグリコール
  • メチルフェニルポリシロキサン
  • 1,3-ブチレングリコール
  • ポリアクリル酸アミド
  • 軽質流動イソパラフィン
  • グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)
  • エデト酸ニナトリウム
  • フェノキシエタノール
  • 精製水

 

イビサクリームに含まれる「その他に含まれる成分」は、特に副作用の心配はないとされています。

 

気になるのは、有効成分とされている「トラネキサム酸」と「グリチルリチン酸2K」です。

 

この2つが特に黒ずみを解消するのに効果がある成分ですので、もしかすると副作用の危険性が高いかもしれません。

 

ではこの2つの副作用の危険性を詳しく見ていきたいと思います。

 

イビサクリームに含まれる有効成分の副作用の危険性は!?

トラネキサム酸

効果

シミや黒ずみが出来てしまう前に、メラニン色素の生成を抑えてくれます。

 

副作用の危険性

飲み薬で服用した場合は、止血作用、食欲不振などの症状が出てしまうことがあります。

 

しかしお肌に塗る場合は、特に副作用は認められず安全性の高いものとなっています。

 

ちなみに、お肌に塗る商品の場合は薬事法により含有量2%までと定められています。

 

グリチルリチン酸2K

効果

抗炎症作用によってターンオーバーが促進され、お肌が健康な状態になっていきます。黒ずみの原因となる皮膚の炎症も抑えてくれます。

 

副作用の危険性

飲み薬として服用した場合は、手足のむくみやしびれ、頭痛、吐き気などの症状があらわれることがあります。

 

こちらもお肌に塗る場合は、特に大きな副作用は認められず安全性が高いとされています。

 

グリチルリチン酸2Kは、元々天草という天然成分から抽出されるものなので、お肌に優しく安心して使う事ができる成分なのです。

 

お肌に塗る場合は、薬事法によってクリームなど100gあたり0・5%未満と含有量が定められています。

 

このように黒ずみ解消の有効成分にも、特に副作用の危険性はありません。

 

イビサクリームは敏感肌の人でも使える!!

先ほどからご紹介しているように、イビサクリームの成分には副作用の危険性があるものは含まれていません。

 

さらに合成・香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラペンなどの刺激物は一切含まれていない無添加なので刺激も少ないのが特徴です。

 

そのお肌への優しさから赤ちゃんも使う事ができると言われているくらいなので、脱毛後のデリケートなお肌にも安心して使う事ができますね。

 

ただし、妊娠中や産後しばらくはホルモンバランスの乱れによって、お肌がいつもよりさらに敏感になっていることがありますので、様子を見ながら使用してください。

 

アレルギーには注意しよう!

大きな副作用はありませんが、ごく稀にアレルギーが出てしまう方もいらっしゃいます。

 

特に今までに化粧品などを使ってアレルギーが出てしまったことがある方は注意が必要です。

 

また元々食べ物のアレルギーやアトピーを持っているなどのアレルギー体質の方も注意が必要です。

 

デリケートゾーンは特に敏感ですので、アレルギーが強く出てしまうこともあります。

 

アレルギーが出てしまうとしたら、塗ってすぐに赤みや痒み、腫れなどの症状が出てきます。

 

万が一このような症状が出てしまったら、すぐに水で洗い流しましょう。あまりにも症状がひどい場合は、専門の医師に相談してください。

 

心配な方はまずパッチテストを行いましょう。

「もしかしたらイビサクリームに配合されている成分でアレルギーが出てしまうかもしれない」と思っていても、成分表を見ただけでは、どの成分でアレルギーが出るのかわかりませんよね。

 

アレルギーの心配がある方は、まずパッチテストをしてみましょう。

 

パッチテストの行い方

まず二の腕の裏側など、柔らかくてさらに目立ちにくい場所に少しだけ塗ります。

 

24時間そのままにしておいて、赤みや痒みが出なければOKです。

 

もし何かしらの症状が出てしまったら、お肌に合わないということですので使用は中止してください。

 

おわりに

イビサクリームを初めて使う方にとって、気になるのが効果と副作用です。今回はそのうちの副作用について、お話していきました。

 

イビサクリームに含まれている成分には、特に副作用があらわれるようなものはありません。

 

赤ちゃんでも使えるほどお肌に優しい成分なので、敏感肌の方でも安心して使う事が出来ます。

 

だたひとつ、気を付けなければいけないのはアレルギーです。もし心配な方は、初めにパッチテストを行いましょう。

 

万が一お肌に合わなかった場合でも、イビサクリームには返金保証が付いているので安心です。

 

>>イビサクリーム詳細|28日返金保証付きお試しはこちら<<

 

 

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームランキング

関連ページ

イビサクリームを解約、返金したい・・・そんな時はどうすればいい?条件ってあるの?
イビサクリームはいつでも解約できるのでしょうか?ここでは、イビサクリームの解約、返金方法について詳しくご紹介しています。
イビサクリームを最安値は?公式?楽天?Amazon?どこ?
イビサクリームの販売店、最安値情報をまとめご紹介しています。イビサクリームはどこで購入すると最安値でお得なのでしょうか?
黒ずみを解消してくれるイビサクリームの効果は?人気の理由とは!?
イビサクリームの配合成分からその期待できる効果について詳しくご紹介しています。イビサクリームで本当に黒ずみが解消できるのか?
イビサクリームをより効果的にする6つの使い方
イビサクリームをより効果的にする6つの使い方についてご紹介しています。イビサクリームでデリケートゾーンや乳首の黒ずみを解消しよう。