デリケートゾーン 黒ずみ ヒルドイド

MENU

デリケートゾーンの黒ずみにヒルドイドはキケン?徹底解説します!

ヒルドイド

 

女性のデリートゾーン(陰部)の黒ずみで悩む女性が、最近増加しています。

 

男性の一部の声から「女性のあそこはピンクがいいよね」と聞く為に、若い女性が「あそこはピンク色がいいのかな?」と自分の陰部を見て治療する方法を探しています。

 

最近、ヒルドイドが黒ずみを解消するという情報が出ているのですが、本当に黒ずみに効くのか徹底解説します!

 

デリケートゾーンの黒ずみは当たり前なこと

デリケートゾーンというだけに、他人の方と見比べるということができなくて、誰にも相談できない話ですよね。

 

実は、日本人を含む東洋人の多くの女性はメラニンの活動が活発であるということと、デリケートゾーンは特にまぶたよりも皮膚が薄い為、他の部位に比べて黒ずみやすい部分と言われています。

 

デリケートゾーンも皮膚の一部ですから、28日周期でのターンオーバーもありますし、女性の場合はホルモンバランスの関係で、この28日周期のお肌の入れ替えが崩れるケースもあります。

 

特にホルモンバランスが崩れるのが、妊娠・出産・加齢で、この時期に黒ずみがひどくなることも多々あるわけです。それだけ、女性の体はデリケートなのです。

 

デリケートゾーンと紫外線と擦れとの関係

「デリケートゾーンって日にあたらないから、メラニンなんて関係ないんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう?

 

実はデリケートゾーンも多少なりとも衣服や下着を通過した紫外線の影響は受けているんです。さらに、下着のこすれが重なるとメラニン色素が多く発生してしまい、黒ずみになってしまうんです。

 

「メラニン」と聞くとマイナスイメージを持たれるかもしれませんが、実はメラニンは体には必要な色素で、紫外線からの肌の保護にかかせませんし、外からの刺激からお肌を守るためにメラニンが働く仕組みになっています。

普段からできる黒ずみの防止策

デリケートゾーンの黒ずみのメカニズムがわかると、一旦できたものを増やさないようにすることが大切になります。

 

ショーツや下着による擦れ、ナプキン・おりものシートによる摩擦や下着の積み重ねで、炎症を起こして黒ずみを起こすことがあります。

 

特に、化学繊維の下着や、きつめの細身ジーンズなどは、よりデリケートゾーンとの擦れを与えてしまいます。

 

これらをやめずに、立ったり座ったりをすると、さらなる陰部への刺激となりますから、陰部の表面を保護するために、メラノサイトがメラニンを生成するということになって、黒ずみをひどくするもとになります。

 

今手軽に黒ずみを増やさない方法は、綿の下着に変えること、きつめのジーズンやボトムスを着る機会を極力減らす方が手軽ですね。

 

でも、おしゃれも大切なのでほどほどとお考え下さればよろしいでしょう。

 

噂のヒルドイドで黒ずみは解消できるって噂がある!?

ヒルドイドに含まれる成分が「黒ずみ解消」と捉えられていますが、一度、ヒルドイドの成分やよく使われる例をあげましょう。

 

ヒルドイドの成分と効能をまずチェック

ヒルドイドは皮膚科か小児科で処方される薬で保険適用(3割負担)だと100gで500円程度になる薬です。

 

市販の類似品は販売されていますが、1400?1700円と高額になります。

 

ヒルドイドの主成分は「ヘパリン類似物質」です。ヘパリンは医療現場で使われる薬です。血の塊を溶かす作業があるので、血行をよくするという効果があります。

 

ヒルドイドに入っている「ヘパリン類似物資」というのは、ヘパリンとよく似た働きをするので、血行をよくする働きがあるとともに、水分を保つ力も強い物質が入っているので、皮膚の乾燥を改善させる効果があるとして、アトピーでの保湿剤やケロイド治療に使われ、お肌を綺麗にします。

 

副作用がほとんどなく、安全性が非常に高い薬と言われています。

 

ヒルドイドには色素沈着改善の成分は入っていません

ヒルドイドの主成分は、「ヘパリン類似物質」と書きましたが、色素沈着を改善する成分は入っていません。

 

病院でこの薬を処方される際の注意点として、「この薬は保湿剤です」と念押しで言われるか、お薬情報の紙にしっかり書かれています。

 

あくまでも「保湿剤」ですので、肝心なメラニンに働きかける要素は含まれていません。

 

使っている人はすぐに中止を!粘膜部分に使うと大変なことになります!

最近ネットなどで流れている「ヒルドイドは黒ずみによく効くよ」という情報や噂は、とても危険ですぐに使用を中止しましょう。

 

医師もヒルドイドをデリケートゾーンに使用することについては、「ヒルドイドは保湿剤として使用してください」と述べられていて、おすすめしていません。

 

ヒルドイドは、局部に塗るといっても、アトピーで保湿が必要な部分などの皮膚に塗る薬です。

 

粘膜にあたるデリケートゾーンに塗ると、保湿どころかヘパリン類似物質のもう一つの作用である血行促進の影響で、塗ったところが出血してしまうおそれもあります。

 

本来の使い方ではないので、急いで中止しましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみ解消は専用グッズで!

デリケートゾーンの黒ずみを進ませない為に、今の現状以上の刺激をデリケートゾーンに与えないということ。そして同時に美白ケアをしてあげるということですね。

 

様々な情報や噂が流れていますが、実はとんでもないことになれば、部位が部位だけに、女性としては恥ずかしいでしょう。

 

デリケートゾーン専用のグッズ、今はこれらの専用品に頼るしか方法はありません。

 

ボディソープから美白クリームといろいろあります

デリケートゾーンは、他の部分と違って皮膚が薄いということと、粘膜部分であるということから、商品もデリケートゾーンに優しい商品ばかりです。

 

デリケートゾーンの臭い改善もしながら、黒ずみを解消する石けんや、入浴後につける専用クリームと商品のラインナップも豊富です。

 

共通する点は、美白効果が優れているけれども、デリケートな部分に塗るということから、成分もデリケートゾーンに優しいものが選ばれています。

 

コストパフォーマンス的にも、気軽に買える金額です。

 

通販で買えるということもこっそり治療にいいかも

デリケートゾーンの黒ずみ解消の商品は、インターネットでこっそりと買えるというのも利点です。

 

デリケートゾーンのケアグッズをお店で買うというのは、少し恥ずかしいので、インターネットで買えるというのはありがたい話ですね。

 

今はたくさんいい商品が開発されているので、吟味しながら購入できるというのは、デリケートゾーンのことで悩んでいる女性にはいい話です。

 

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみや臭いやかゆみなどで困って悩んでいる若い女性は多いです。

 

これらの悩みを抱えている女性のための薬や石けんが多数販売されているということは、もっと潜在的に悩んでいる女性は多いでしょう。

 

もはや、デリケートゾーンのお手入れは常識ということになりつつあります。ただし自己流ですると、病院への通院ということにもなりますので、正しいお手入れ方法で悩みを解決しませんか?

 

お手入れは毎日継続することで解決されますし、正しいお手入れをしていれば、なおさら解決も早くなります。

 

神経質になることはありませんが、少しだけ「最近の女性の身だしなみ」として専用グッズでお手入れを始めていきましょう。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム

 

デリケートゾーン黒ずみ対策クリームランキング