デリケートゾーン 黒ずみ

MENU

デリケートゾーンや乳首の黒ずみ、臭い対策なら”ピンクちゃん”

デリケートゾーン黒ずみ

女性って何かと悩みが多くて、それを友達に相談する事もよくありますよね。でも何でも人に話せるワケではないんです。

 

特に自分の身体に関する恥ずかしい悩みに関しては、自分の中にしまいがちです。

 

  • 「デリケートゾーンが臭い」
  • 「デリケートゾーンや乳首が友達より黒ずんでる」

 

こんな悩みはなかなか話せません。

 

では、他の女性はどう対処しているのか気になりますよね。

 

そこで、黒ずみや臭いの原因をまずは解明して、さらに今日からでも始められる解消方法についてまとめてみました。

 

読み終わる頃には、気持ちが軽くなる事間違いなしです。

 

実は多い?!悩んでいるのはあなただけじゃない!

場所が場所だけに自分一人で悩んでいる女性もいますが、案外この種の悩みを抱えている女性は多いんです。

 

実は、日常の簡単な事が原因で、デリケートゾーンや乳首のくろずみやデリケートゾーンの臭いが発生してしまうからです。

 

逆に言えば、少し生活の中で気をつければ予防する事も可能です。

 

デリケートゾーンや乳首の黒ずみの原因

メラニン色素の沈着がキーポイント

デリケートゾーンや乳首の黒ずみの大きな原因は、メラニン色素の沈着と大きな関係があります。

 

実は、メラニン色素が生成される事で紫外線から私たちの肌細胞を守り、皮膚がんなど病気や肌トラブルを防いでくれています。

 

ですが、メラニン色素が蓄積されるとシミや黒ずみとして残ってしまいます。

 

メラニン色素は紫外線によって生成されているイメージが強いですが、それだけではありません。

 

何気ない事や避けられない事でも作り出されてしまいます。

 

デリケートゾーンや乳首は、身体の他の部分よりもメラニン色素の働きが盛んになりやすいため、余計に目立ってしまいます。

 

黒ずみはターンオーバーの乱れで起こる

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝を意味します。通常は、28日間で私たちの肌は生まれ変わります。

 

古い細胞がアカなどとして剥がれ落ちるサイクルです。剥がれ落ちて排出されれば、黒ずみに発展しませんが、ターンオーバーが乱れると、そのサイクルは保たれません。

 

その結果、メラニン色素の沈着が続き、蓄積されて黒ずみとなります。

 

ターンオーバーの乱れの原因は1つではありません。

 

女性ホルモンバランスの乱れ

飲酒や喫煙習慣、寝不足、悪い食生活、ストレスなどにより女性ホルモンはバランスを崩してしまいます。

 

妊娠、出産

妊娠中は、出産に備えて肌を守ろうとする働きが活発になります。そのため、メラニン色素も過剰に生成されて黒ずみの原因になります。

 

加齢

若いうちはターンオーバーが正常に行われますが、加齢によりターンオーバーに乱れが生じるようになります。

 

30代以降から段階的に乱れるようになります。加齢により、この年代からシミができやすくなるのと同じです。

 

刺激・摩擦

黒ずみの原因には、刺激や摩擦も関係しています。

 

過剰に洗う

清潔にしようとゴシゴシ洗うと、その刺激で黒ずみになります。また、必要な「菌」まで洗い流してしまい、臭いや痒みの原因にもなります。

 

下着による摩擦

毎日着けている下着の擦れや圧迫なども刺激になります。その刺激でメラニン色素沈着を助長して黒ずみになります。

 

ナプキン、トイレットペーパー

生理中に使用するナプキンやおりものシート、トイレットペーパーによる摩擦や刺激も黒ずみを引き起こします。

 

特に安価なナプキンやシート、トイレットペーパーの使用は避けましょう。

 

カミソリ

乳首やデリケートゾーンに生えているムダ毛を処理する際、手軽なカミソリやシェーバーを使用する女性も多いですが、コレも危険です。これらも肌への大きな刺激になります。

 

アトピー

意外かもしれませんが、アトピーも黒ずみへと繋がる可能性があります。アトピーになると保湿不足から肌が乾燥して、痒みを生じます。

 

その痒みから逃れるために掻いてしまうと皮膚が傷つき、メラニン色素の発生が加速したり活性化します。

 

 

簡単!デリケートゾーンや乳首の黒ずみケア方法

デリケートゾーンや乳首の黒ずみの原因に基づいて、簡単に黒ずみケアする方法があります。

 

意識したケアや生活

ターンオーバーは、女性ホルモンの乱れによって正常に行われなくなってしまうため、日頃の生活習慣や食習慣に気をつけるだけでも予防になります。

 

また、窮屈な下着や生地や縫製の悪い下着は、なるべく着けないようにして下さい。

 

ムダ毛処理は、保湿やケアを十分にするなどして慎重に行って下さい。

 

やさしく洗う

デリケートゾーンや乳首を洗う時は、ゴシゴシ洗わずに石鹸やボディソープを泡状にして短時間でやさしく洗うように心がけて下さい。

 

清潔にしようとして、長時間強く洗うのは逆効果になります。

 

保湿を徹底する

乾燥するとどうしても掻きたくなります。ですから、日頃からしっかりと保湿しておく必要があります。お風呂上りなどに積極的に保湿して下さい。

 

専門医に相談する

美容皮膚科や美容を専門にしているクリニックで、デリケートゾーンや乳首の黒ずみをレーザーで治療してくれます。

 

自分のケアだけでは物足りない、無理があると感じる方は、専門医に相談してみて下さい。

 

 

手軽に効果絶大なのが黒ずみケア商品

自分で手軽に黒ずみケアしたい方におススメなのが黒ずみケア用品です。黒ずみに効果的なクリームや石鹸などが販売されています。

 

これなら、誰でもすぐに始める事ができます。多くのケア用品は公式サイトで定期購入が可能です。

 

定期購入の場合、人に知られる心配もないですし、わざわざ買いに行く手間もありません。また、定期購入は定価よりも安く継続が可能です。

 

黒ずみのケアは続ける事で効果が出やすいため、安く続けられる公式サイトの定期購入は最善です。

 

 

デリケートゾーンの臭いの原因

黒ずみ同様にデリケートゾーンの臭いに悩んでいる女性も実はとても多いのです。

 

すそわきが

すそわきがはデリケートゾーンで起こるワキガです。

 

ワキガの臭いはアポクリン腺と呼ばれる「汗腺」から出る汗を、皮膚の常在菌がエサとして分解すると発生します。

 

アポクリン腺は、「脇」「乳首の周り」「陰部」「耳の裏」「肛門」にあります。

 

アポクリン腺の数が多いとワキガになりやすく、その数は遺伝で決まってしまいます。

 

陰毛やおりもの

陰毛

デリケートゾーンの臭いは、陰毛の根元に雑菌が付着してそれが増殖する事でも発生します。

 

おりもの

雑菌が膣の中で増殖して、おりものの臭いを強くしてしまいます。

 

デリケートゾーンのアカ

陰部を清潔にしていないと、性器に「恥垢(ちこう)」と称されるアカが発生します。それがデリケートゾーンから強烈に臭う事があります。

 

陰部のムレ

陰部には陰毛があり、下着も履いているためムレやすくなり、それが臭いの原因になります。

 

不潔にしておく

当然ながら、不衛生な状態だとデリケートゾーンの臭いがきつくなります。日頃から清潔にしておく事が大切です。

 

洗いすぎ

キレイに保つ事は大切ですが過度になると、逆に臭いを発生させてしまいます。

 

なぜなら、皮膚を守る菌や膣内の善玉菌まで洗い流してしまうと、臭いの元になる雑菌が増えるからです。

 

病気

デリケートゾーンの臭いの原因で特に見過ごせないのは病気が潜んでいる場合です。

 

  • クラミジア
  • カンジタ膣炎
  • 細菌性膣炎
  • トリコモナス膣炎
  • 淋病

 

これらの性病である可能性があります。また、「子宮頸がん」でも、おりものが臭う可能性があります。

 

デリケートゾーンの臭い対策方法

正しくやさしく洗う

洗い不足でも洗いすぎも臭いの原因になるので、正しい洗い方が重要になります。石鹸やボディソープは、しっかり泡立ててやさしく洗います。

 

ポイントは、あまりゴシゴシ擦らずに丁寧に洗って下さい。最後も丁寧にぬるま湯で洗い流して下さい。

 

 

陰毛の処理

陰毛が臭いの原因になる場合は、専門医や脱毛サロンなどで陰毛を処理してしまう方法もあります。

 

IラインやOラインを脱毛してなくしてしまえば、尿が陰毛に残ることもなく清潔を保つことが出来るようになります。

 

デリケートゾーンの臭い対策で脱毛は必ずやっておきたいところです。

 

すそわきが手術

すそわきがは、専門医による手術も可能です。手術は、アポクリン腺を取り除く方法が行われます。手術の方法は、各クリニックでさまざまです。

 

手術は、すそわきがの臭いを解消するのに有効ですが、費用や回復までの期間、または、再発などの問題もあります。

 

メリットとデメリットの両方を考えて、自分に合った手術方法を選択して下さい。

 

また、手術ではありませんが、ボトックスによる治療も可能です。

 

ボトックスは、手術と比べると非常に手軽ですが、効果が3ヶ月〜6ヶ月になります。

 

専門医の受診

性病などの病気である可能性もあるため、今まで感じていなかったデリケートゾーンの臭いが気になる方は専門医を受診して下さい。

 

 

簡単に効果的な対策をするなら臭い対策商品がおススメ

ワキガ用のデオドラント剤の中には、すそわきがにも効果的な商品があります。

 

デリケートゾーンに直接塗るため、安全性や製法にもこだわって安心して作られています。

 

ワキガの方がすそわきがも併発している場合があるので、両方の臭いを解消してくれます。

 

デオドラント剤は、クリームタイプや石鹸タイプなどさまざまです。

 

デオドラント剤は、口コミや評判が高い商品も多く、手術より気軽に臭い対策になると人気です。また、症状が軽い方にもおススメです。

 

多くの商品は、楽天やAmazonなど大手通販サイトからでも購入できます。

 

公式サイトから購入すると、定期購入やまとめ買いで安く、簡単に買えるメリットがあります

 

口コミなどを参考にして、お気に入りのデオドラント剤を探してみて下さい。

 

まとめ

デリケートゾーンや乳首の黒ずみや臭いは、自分らしく生きる事の妨げになるくらい深刻な悩みと言えます。

 

加齢のような、避けて通れない事や日頃の何気ない生活習慣がこれらを引き起こす原因になるため、他人ごとではありません。

 

クリームやデオドラント剤での対策も可能です。

 

簡単に購入できて、実際に効果を得られた方も多くいるため、デリケートゾーンや乳首の黒ずみ、デリケートゾーンの臭いに悩んでいる方は、是非お試し下さい。

 

おすすめのデリケートゾーンの黒ずみクリーム
更新履歴